ひなたぼっこの椅子

東京都東久留米市にて活動している「リフレクソロジスト」であり「整理収納アドバイザー」であり「おむつなし育児アドバイザー」である一児のママです。

「実家の片づけ」について考える②

こんにちは!

自宅サロン「ひなたぼっこの椅子」主宰のばさきまりこです。

本日もご訪問いただきありがとうございます。

 

前回に引き続き、今回も「実家の片づけ」について書きたいと思います。

本日は、「親目線」(というか私の母親目線)の「実家の片づけ」についてです。

「親目線」と言っても私の主観で感じたことですが。

 

 

先日、母親から「屋根裏のものを処分しようと思うから来てほしい」と依頼を受け、片付けに行ってきました。

 

実家は築32年。

32年前、両親は30代。

新築に胸躍らせていたと思います。

そして父の希望で「屋根裏」を作ったそうです。

 

ですが両親とも現在60代。

この32年の間に腰も悪くしたし、足を怪我したこともあり屋根裏に登る機会はどんどんなくなってきました。

母の口から

「お父さんが屋根裏ほしいって言って作ったけど全然使ってない!」

「結局使わないモノをずっと置きっぱなししてるからどうにかしないと」

などという話もありました。

母は「使わないままずーっと屋根裏にモノを置いておく」という状態が気にかかっていたようです。

 

実家の屋根裏は私が物ごころついた時から「物置」でした。

何が置いてあるかというと「とりあえず使わなくなったモノ」です。 

 

ですが娘二人は嫁ぎ、父も定年退職し、孫が生まれ、「老後」を意識するようになったのかもしれません。

 

 

 

実際に作業をしてきた写真を撮っておいたので載せさせていただきます。

(掲載許可もらっています)

 

<Before>

(暗くて申し訳ありません)

f:id:kimu_0912:20171115224501j:plain

置いてあるのは昭和を感じるホットカーペットやこたつ、座イス、使わなくなったおもちゃ、使わない灯油のポリタンク、歴代のパソコンの入っていた空き段ボール、おそらく20年以上は敷かれっぱなしの絨毯、両親の結納のお品書きなどなど。。。

ホットカーペットやこたつは古すぎて怖くてコンセントも繋げませんでした。

 

手前に旅行用のトランクが置いてありましたが、おそらく屋根裏に置いているもので使っているのはそのトランクだけでしょう。 

それ以外のモノは「使わないモノ」というか「使えないモノ」がたくさん置いてある印象を受けました。

 

捨てるのに手間がかかる粗大ごみは特に放置しがちですからね。

納戸や屋根裏に置いてしまったらそのままにしてしまいますよね。。。

 

とりあえず一度屋根裏のモノを全て出し、 母に「いる」か「いらない」かを判断してもらい、「残しておきたいモノ」だけを残して屋根裏はすっきりしました。

 

<After>

 

f:id:kimu_0912:20171115224504j:plain

 この家にお世話になって31年、初めて屋根裏の全貌が見えた気がしました(笑)

 

 ちなみに右の手前に置いてある緑色の物体は雪かき用のスコップ。

何年か前の大雪の時に購入したそうですがそれ以来出番はないと言っていました。

ただ、自然災害のために備えておくことは非常に大切なことなので取り出しやすい場所に置くことにしました。

 

ただ、両親は「とりあえず必要だから買っちゃおう、もしかしたらまた使うかもしれないし」という感じで簡単にモノを買ってしまうタイプ。。。

なのでモノが増えやすいんですよね…

 

なので私は今回、母にこのように伝えました。

「生きてる間に持っていたいモノは持ってていいから。ただ、いらないものは処分してほしい」

 

実家の未来を考えるとき、大切なのは「モノをどうするかを決めてもらうこと」だと思っています。

親が子どもの残していったモノの扱いに困るのと一緒で、

子どもも親が残したモノで困ってしまうと本末転倒です。

 

親も子どもも判断力があるときに取捨選択しておけばお互いに困らない。

うちの母も「老後」を考え始めて、「放ったらかしにしておかない方がいい」と思ったから屋根裏の片づけをすることに決めたのだと思います。

今後も母が「片づけたい」と思ったタイミングでまた声をかけてくれたらいいなと思います。

 

 

以上、実家の片づけについて思ったことをまとめてみました。

「自分が出て行っても実家の生活は続いて行く」

「いつか自分が片付けなくてはいけない必要に迫られる時が来る」

このことを頭に置いて、整理収納の知識を使いながら実家のモノと向き合っていこうと思います。

 

 

 

【2018年3月31日まで】整理収納モニターさんを募集しています。

おうちのお片づけがしたい、もっと暮らしやすい動線にしたい、などなどおうちのお悩みのある方、ご一読いただけたらと思います♪

kimu-0912.hatenablog.com

 

 

 

リフレクソロジストとしても活動しています!

お子様連れOKですのでお気軽にお越しください♪

kimu-0912.hatenablog.com

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

「実家の片づけ」について考える①

こんにちは!

自宅サロン「ひなたぼっこの椅子」主宰のばさきまりこです。

本日もご訪問いただきありがとうございます!

 

 

先日「実家の片づけ」をして、思ったことがあったので「実家の片づけ」について書いて行こうと思います。

  

皆さんは実家に自分のモノは置いてありますか?

私は結婚して実家を出てから3年が経ちますが、いまだに置いてあります…

 

それでもモノの量は減ってきました。

しかし、現在の量にするまでには「9年間」という長い時間がかかっています。

そしてまだ片づけなくてはいけないものが残っています。

 

実家に置いてあるモノは「思い入れのあるモノ」が多いと思います。

 

たとえば…

駄々をこねて買ってもらったモノ。

親戚が久しぶりに来て、買ってきてくれたモノ。

両親と一緒に買いに行ったモノ。

家族みんなで遊んだモノ。

もらった時のことを覚えているモノ。

 

本当に「思い出」がたくさん詰まっているモノを手放すのはエネルギーが必要です。

 

私は大学4年生のころ、全国転勤がある会社に内定をもらったことで「いつか実家を出る日が来るから実家のモノを片付けよう」と思い片付け始めました。

でも、今のような整理収納の知識がなかったので9年もの時間がかかってしまいました…

 

ただ今年の8月、整理収納アドバイザーの資格を取ってから初めて実家の片づけをしたとき、

長年悩み続けていた「捨てたいけど捨てられないモノ」を手放す決断ができました。

 

 

先ほど挙げたように、私は祖母や叔父や親戚がくれた旅行先のお土産などを「思い出のあるもの」をなかなか手放せませんでした。

 

「もう使わない。だけど捨てられない」

 

今までそう思ってずーっと捨てられないモノがたくさんありました。

しかし、今まで何回も何回も向き合ってきて、でもなかなか決断できなかったモノをようやく手放せたのです。

 

「ずーっとここに置いていても仕方ない」

「娘にあげても遊ばないだろうな」

「結局片づけようと思う度に同じ場所に戻しているのだからもういらないんだ」

長年悩んで向き合い続けてきましたが、整理収納アドバイザーの勉強をしてモノとの付き合い方を学んだことで、今回は手放す決断ができたのだと思います。

 

 

「実家の片づけ」は両親が元気なうちにやっておきたいと思うのです。

「実家に子どものモノが置きっぱなしになり両親の居住スペースが確保できなくなってしまいトランクルームを借りて子どものモノを保管している」

そんなお話を聞いたことがあります。

実家を出て新しい生活を始めるにあたり、「持っていく必要がない」と判断されたモノが残される。。。

結局それがスペースを圧迫し、実家にいる両親の生活をしづらくさせる要因になっている。

 

「実家」は物置ではありません。

これからも両親が住み、老後を送る家。

自分が出て行った後も、実家では実家の生活が続いていきます。

 

 

 

私は、モノは活かされてこそ価値を持つ、と思っています。

活かせないモノを置いているスペースは「無駄」になっている。

私は実家の「無駄」なスペースの面積を少しずつ狭めていっている途中です。

 

今、両親は孫のためにたくさんおもちゃを準備してくれています。

今までおもちゃは私と姉が使っていた部屋の床に無造作に置かれていたのですが、8月の片づけでたくさんのものを手放したことでスペースが空いたので孫用のおもちゃをクローゼットに収めることができました。

 

f:id:kimu_0912:20171115224458j:plain

どこに何があるかもわかりやすくなったので、3歳の甥っ子は自分で遊びたいおもちゃを取り出すことができるようになりました。

 

 

整理収納の知識がないときから実家の片づけをしてきましたが、今回整理収納アドバイザーの資格をとってから片付けてみて、

私には「あともうひと押し」が必要だったんだと思います。

整理収納アドバイザーとして、「片づけたいけどなかなかできない人の背中を押したい」と思っていますが、やはり「あともうひと押し」の重要性を感じました。

 

ちなみに今回、売れそうなものはリサイクルショップに持ち込みちょっとしたお小遣い稼ぎもできました♪

少額ですが、実家に置きっぱなししていたら何も起こらないので片付けによる副産物だなと思います(^-^)

 

今回の記事は「子ども目線」で「実家の片づけ」について書きました。

次回は「親目線」(というか、私の母目線と言った方がいいかも(^-^;))で記事を書きたいと思います。 

 

 

本日もお読みいただきありがとうございました!

 

 

 

2018年3月31日まで、整理収納モニターさんを募集しています。

モニター価格でご自宅の整理収納のお手伝いをさせていただきます!

おうちを片づけたい、という方、ご興味のある方はこちらの記事をお読みください♪

kimu-0912.hatenablog.com

 

 

リフレクソロジストとしても活動しています♪

リフレクソロジー(足裏マッサージ)で日ごろの疲れをとりたい!という方、一度受けてみませんか?

お子様連れもOKです♪

kimu-0912.hatenablog.com

リフレクソロジーご希望の皆様へ~ご予約方法・注意事項をまとめました~

こんにちは!
「ひなたぼっこの椅子」主宰のばさきまりこです。
本日もご訪問いただきありがとうございます!






「ひなたぼっこの椅子」でリフレクソロジーを受けたい方へ、ご予約方法や注意事項のご案内をさせていただきます。




■目次■

1,「ひなたぼっこの椅子」のリフレクソロジーとは

まず、リフレクソロジーとは足の裏にある反射区(足の裏に集中している内臓や体の部位などの末梢神経)を優しく刺激し、体全体の器官のバランスを整え、体の状態を正常に維持するために行う足裏マッサージです。
人間に本来備わっている自分で治そうとする力=自己治癒力を活性化させ、心身を健康な状態に導く手助けをします。
足の裏をマッサージすることで凝り固まった筋肉がほぐされ、足の裏が柔らかくなることで歩行が安定し、腰痛なども改善されるといわれます。

ひなたぼっこの椅子のリフレクソロジーは「東洋式+西洋式÷2」」の手技で行います。
「イタ気持いい」刺激で足裏をマッサージしていくので、テレビでよく見る「痛い!」と言いながらツボを押す施術とは異なります。
心地のいい時間を過ごしていただきたいので、「強めが良い」「弱い方がいい」などご希望に沿いながら刺激する強さを調整いたします。


f:id:kimu_0912:20171018105123j:plain:h320

こちらが施術用の椅子です♪
背もたれはリクライニングになっていてお好きな角度に調整していただけますよ。
施術中、寝ていただいても構いません♪

足の血流が良くなることで滞っていた血液の流れがよくなり足の冷えが改善されたり血行が良くなって睡眠の質が上がるなどの変化が見られます。
足が温まることで体全体が温まったというお話をいただいたこともあります。
リフレクソロジーは医療行為ではないので「絶対こうなる」という効果はありませんが、私は施術をすることで体にとって良い変化があると考えています。



2,ご予約方法

ひなたぼっこの椅子のリフレクソロジーは「完全予約制」です。
以下のいずれかの方法でご予約をお願いします。

①直接メールで予約する。
kimu_sin_0912☆yahoo.co.jp
(☆を@に変えて送信してください。)



②予約サイトから予約する。

こちらのURLから予約サイトにアクセスし、ご希望日時を選択してください。
reserva.be





3,予約可能時間について

ご予約可能時間は
10:00〜
11:00〜
14:00〜
15:00〜
16:00〜
です。
不定休になりますので予約サイトからご確認いただければ幸いです。

施術時間は30分程度です。
施術後、お茶とデザートをご用意しています♪

4,注意事項

ご予約の前にこちらの注意事項は必ずご確認お願いいたします。

リフレクソロジーは医療行為ではありません。治療目的での施術を行っておりませんのでご注意ください。
②体調が悪いときや足にけがをしている際は施術をお勧めしません。
③サロンは自宅になりますのでご予約確定後詳細の住所を送ります。
④ふくらはぎまで施術させていただくので裾のまくりやすい服装でお越しください。
⑤内臓の反射区を刺激するので、お食事はご予約時間の1時間前までにお済ませください。
⑥施術により血流が良くなります。飲酒後の施術は大変危険ですので施術前後の飲酒はお控えください。
⑦我が家の1歳の娘も同席させていただきます。ご了承いただきますようお願いいたします。


5,リフレクソロジーを受けられない方

以下の症状がある方のリフレクソロジーは、大変申し訳ありませんがお受けしておりません。

◯腎臓病
◯心疾患
◯脳血栓直後
脳出血
◯悪性腫瘍
不整脈
◯妊娠している方



6,お子様連れもOKです♪リラックスしたい方、お待ちしています!

ひなたぼっこの椅子のリフレクソロジーはお子様連れOKです。
おもちゃや絵本のご用意もありますよ♪
我が家にも1歳の娘がおります。
一緒に遊んでくれるお友達、お待ちしています!

また、お友達、ご夫婦でもお越しいただけます。
我が家でゆっくり、リラックスタイムを過ごしていただいても構いませんよ!

f:id:kimu_0912:20171018104804j:plain:h320

こちらのお部屋で施術後のデザートやお茶を飲んでいただいたり、子どもたちに遊んでもらえます♪


私はサロンを主宰するにあたり、「忙しい毎日を送っている人が『ひと息』つける場所をつくりたい」と考えています。
私も会社員をしていたとき、とにかく忙しくて家には寝に帰るだけ、という日々を送っていた時期もありました。
週末は疲れが抜けず、一日中寝て過ごす日も多かったです。

頑張っている人に「今日は頑張らなくていいよ」「休んでいいよ」という場所を提供したい。
その一つの手段が「リフレクソロジー」だと思っています。

施術後はデザートを食べながら、お茶を飲みながら、ゆっくり自分のための時間を過ごしていただきたいなと思います。

お気軽にお越しくださいね♪









そのほか、生活を整え、暮らしやすくするための「整理収納アドバイザー」の活動もしています。
現在「整理収納モニターさん」を募集しています。
ご自宅の整理収納をさせていただける方を探しておりますので、
もし「家を片づけたい」と思いをお持ちの方はこちらをご覧ください。

kimu-0912.hatenablog.com

【モニターさんレポート③】「引き出し収納」と向き合う

こんにちは、「ひなたぼっこの椅子」主宰のばさきまりこです。
本日もご訪問いただきありがとうございます。

 

少し時間が経ってしまいましたが整理収納モニターさんのレポートです。

 

 ■「引き出しの使い方を知りたい」


モニターさんからの依頼は

「引き出しの使い方を知りたい」

でした。


「引き出しをうまく使えない」
という声、とてもよく聞きます。
今回のモニターさんも
「親も片づけが苦手だったんです」
「どうするのが正解なのかわからなくて…」
というお話をしてくださいました。

このモニターさんのお話、まさにおっしゃる通りなのです。

みなさんは、整理整頓の方法を誰かから教えてもらったことはありますか?

私はありません。
「片付けなさい」
「整理整頓」
と言われたことはあっても「やり方」「方法」について言われたことがある人は少ないのではないでしょうか。

 

  ■引き出し収納は一見片付いて見える

私自身今回モニターさんから依頼を頂いて「引き出し収納」について考え直すいいきっかけになりました。

「引き出し収納」は「中のものが見えない」ので、ものを中に入れると一見片付いているように見える収納なんです。
でも一番の問題は「空間をどう使うか」という点です。

今回はモニターさんに私なりの
「引き出し収納のポイント」
をお伝えしながら作業を行いました。


たくさん入る引き出しも、
浅くてモノが入れづらい引き出しも、
深くて取り出しづらい引き出しも、
どんな引き出しもポイントを押さえることで引き出しの使い方は劇的に変わります。


今使っている引き出しの、「使いづらい」と感じる部分。
また逆に「使いやすい」と感じる部分。
利き手や身長の関係、家の中の動線など、さまざまな視点から「使う人」にとってベストな収納プランを考え、作業させていただきました。

 

 

■「引き出しが2つ空くなんて…びっくり!」

一部ですが、モニターさんのお宅のBeforeとAfterの写真を載せさせていただきます。
(掲載許可をいただいています)

<Before>

f:id:kimu_0912:20171107103305j:plain

<After>

f:id:kimu_0912:20171107103418j:plain


<Before>

f:id:kimu_0912:20171107102111j:plain

<After>

f:id:kimu_0912:20171107102405j:plain


<Before>

f:id:kimu_0912:20171107102116j:plain

<After>

f:id:kimu_0912:20171107102416j:plain


これらは「引き出し収納のポイント」を押さえてモニターさんと一緒に収納作業を行った結果の写真です。


そしてモニターさんから「引き出しにいらないものを収納している」というお話があったので、
「いらないもの」は思い切って手放すようにお話をしました。

この「手放す」も、

①譲る
②売る

をまず最初に考え、どちらにも該当しないものを

③処分する

という最終手段に当てはめる流れにするとスムーズに減らすことができます。

また、「どうしても手放せないもの」は今回はそのまま所有することにしました。
モニターさんとの事前打ち合わせの段階で、かなりモノを手放すことができそうだと思っていたからです。


モノは使うために存在します。
今持っているのに使っていないモノはなくてもきっと困らないもの。
でも手放せない理由は人それぞれ色々あるはず。
なので全部を全部無理に手放す必要はありません。
ただ、「いらない」と思っているけど「捨てる」ということに抵抗を感じて所有し続けているモノに関しては

①譲る
②売る
③処分する

この3ステップを踏んでもらうようにお伝えしています。

ちなみにこの「手放す」ことについて… 先日実家の片づけを通して思ったことがあったので今度別の記事でゆっくり書きたいと思います。

 

そしてこのようにモノと向き合い色々なモノを手放したことで引き出しを2つ空けることができたのです!!!!!!

f:id:kimu_0912:20171107102257j:plain

ちなみに左側にある籐の引き出しはモニターさんが

「もう捨てたいんだけど使っているから捨てられない」

とおっしゃっていたもの。
モニターさん自身がモノを手放してモノを減らし、ポイントを押さえながら収納した結果「いらない」と思っていたものを手放すことができたのです!!!

これらの引き出しが空いて、お部屋もすっきり。
<Before>

f:id:kimu_0912:20171107113334j:plain


<After>

f:id:kimu_0912:20171107102153j:plain

 


<Before>

f:id:kimu_0912:20171107112839j:plain

<After>

f:id:kimu_0912:20171107102304j:plain

↑ちなみにこの引き出しには元々「いらないもの」が入っていましたが、整理収納後は息子さんのモノ入れに変わっています。

 

f:id:kimu_0912:20171107102338j:plainf:id:kimu_0912:20171107102315j:plain

こんな感じ♪

 

 


2つの引き出しが空き、モニターさんから「とても驚きました!」という声をいただきました。
でもこれもモニターさん自身がモノとたくさん向き合った結果なのです。

後日、モニターさん自身がもう少し使いやすいように配置替えをした、とご連絡くださいました。
自分でより使いやすいように考えて行動する。
これってすごく大切なことだと思っています!
なのでこのご連絡をいただいたときは本当にうれしかった。

整理収納アドバイザーは「『片づけたい!』と思う人の背中を押してあげられる人」だと思っています。
整理収納に「完成形」はない。
「目の前のあなた」の「今の状況」を軸に、「今」そして「未来」を含めて考えていくのです。
「目の前のあなた」が「今何を求めているか」「今後どうしたいか」をお話を聞きながら考え、プランとして起こしていく。

実際に一緒に作業をする中で私は、

なぜこれをここに置くのか
なぜ右側ではなく左側なのか
なぜこの高さなのか

など、「なぜここに収納するのか」の根拠をお伝えしています。
今後の人生の中で整理収納をしていくヒントや新しい気付きなどをご本人に感じてもらいながら作業をする。
そうすることでご自身で他の場所の整理収納をできるようになってもらえたら、と思っています。

なので今回、モニターさんが後日ご自身でさらに整理収納作業を進めてくださったのは喜ばしいことでした。



■「引き出し収納」と向き合う


今回のモニターさんのお宅では「引き出し収納」ととことん向き合わせていただきました。
色々な引き出しの形状がありますが、本当に引き出しを活かすのって難しい。

「ポイント」を考え、ポイントをどのように押さえ活かしていくかを考えプランを立てる。
まだまだひよっこアドバイザーの私はたくさん悩みましたがモニターさんもたくさん頑張ってくださり、
「引き出しの有効活用方法」をお伝えさせていただきました。

モニターさんからは、「ポイントを押さえたことで収納量が増えた気がする」というお話もありました。
空間を有効に使えば収納力はアップする。
ちょっとした工夫で生活はより豊かになる。
それをできるだけ多くの人に実感してほしい。

なので私は整理収納アドバイザーとして活動していきたいのです。


おうちのお片づけに悩んでいる方、
もしよろしければお手伝いさせてください。

kimu-0912.hatenablog.com

ご自宅の整理収納させてくださるモニターさん、募集しています!!!

 

 

 

お子様連れOK!お友達、ご家族といらっしゃっていただいても構いません!
リフレクソロジーをご希望の方はこちらが予約サイトになっております♪

reserva.be

 


本日もお読みいただきありがとうございました!

【整理収納モニターさん募集】お申込フォームを作りました。

こんにちは、「ひなたぼっこの椅子」主宰のばさきまりこです。

 

3連休初日。

でも、主人は今日も仕事なので我が家はいつもと変わらない金曜日を過ごしています。

 

さて、来年の3月31日まで「ご自宅の整理収納作業をさせていただけるモニターさん」を募集しています。

今日はそのお話と、私の「お片づけ」に対する考え方についてのお話。

 

 

■ご自宅の整理収納をしたい!という方、「お申込フォーム」を作ってみました。

お申込み方法が分かりづらかったので「お申込フォーム」を作ってみました。

こちらからご利用ください。

整理収納作業お申込フォーム

 

まずは事前打ち合わせの日程を決めさせていただきます。

作業日については打ち合わせの日にご相談させてください。

 

<整理収納作業モニターさん詳細>

事前打ち合わせ:1回1500円(2時間程度)

整理収納作業:2500円/1時間 (平均4~5時間ですが範囲によって異なりますのでご了承ください)

その他:交通費実費・必要があれば収納用品の購入

対象エリア:東京都・千葉県・埼玉県・神奈川県

※1歳の娘を一緒に連れて行く場合があります。その際は事前にご相談いたします。

 

詳細記事はこちらになります。

kimu-0912.hatenablog.com

 

 

お気軽にご相談いただければと思います!!!!!!

よろしくお願いいたします。

 

■「片づけることで生活の質が格段に上がる」

整理収納をする効果、お片づけをする効果のなかで、これは私が実際に感じていることです。

私自身、家を片づけ始めてから寝る時間が早くなりました。

寝る時間が早いと朝早く起きることができる。

朝早く起きると余裕を持って支度ができる。

適当に済ませていた朝ごはんもきちんと食べるようになり、

夫婦で朝ごはんを食べながら話すようになり、

主人を笑顔で送り出せるようになりました。

 

 

■片付いている部屋は、子どもとの時間も穏やかにしてくれる。

今では子どもが生まれ、日中はずっと子どもと過ごしています。

f:id:kimu_0912:20171027161400j:plain

子どもが遊びやすいよう、はいはいしやすいよう、歩きやすいようにと色々考えた部屋は、

「何にもない部屋」でした。

つかまり立ちができてもつかまる場所があまりないお部屋のなかで娘はたくさんはいはいをしました。

はいはいをすることでバランスよく筋肉が鍛えられたようで、1歳2カ月で自分で立ち上がれるようになってからアンヨが安定するまで時間がかかりませんでした。

現在1歳4カ月。

歩くのも早くなり、一緒に歩きやすくなってきました。

 

「何もない部屋」は娘と自由に遊ぶことができ、散らかってもモノの居場所が決まっていて、「戻すだけでいい」ので散らかされることはストレスになりません。

 

娘と一緒にいる時間が長いためイライラすることはもちろんありますが、片付いた部屋のおかげで「散らかしっばなし」「家事に追われる」という感覚はありません。

 

■ただ、「ベストな状態」は人によって違う

以上のお話は「私のベストな状態」のお話でした。

その人の「使いやすさ」「家族構成」「家の間取り」で「ベストな状態」は変わってきます。

そのため「その人にとってのベストな状態」に持っていくため、アドバイザーとして何ができるか、どのようにプランを立てるか、これが重要になります。

私は片づけをパターン化できると思いません。

「こうすると使いやすくなる」

「こうすると散らからない」

そのような方程式、実はないんですよね。

「目の前のあなた」にフォーカスしお片づけをさせていただきます。

まだまだアドバイザーとしてひよっこの私。

でも「目の前のあなた」のためにエネルギーを使ってよりよい状態のお部屋にしたい!そう思って整理収納作業をさせていただきます。

 

もし「自宅が片付かない…」と悩んでいることがありましたらお気軽にご相談ください。

 

 

お子様連れOK!ご夫婦、お友達と来ていただいても大丈夫です♪

リフレクソロジーのご予約はこちらからどうぞ☆

30分3000円施術後のデザートもご用意してお待ちしております♪

reserva.be

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

ランキングに参加しています♪

もしよろしければぽちっとお願いします! 

にほんブログ村 主婦日記ブログ 自営業の主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしい暮らしへ
にほんブログ村

足が冷える時にしてほしいこと。

こんにちは、「ひなたぼっこの椅子」主宰のばさきまりこです!

本日もご訪問いただきありがとうございます。

10月最終日、ハロウィンですね。

f:id:kimu_0912:20171031103934j:plain
少しだけ、我が家もハロウィン仕様にしています。


近所の図書館のおはなし会でハロウィンのおもちゃをいただきました♪

さて、東京では木枯らし1号が吹き、寒さがまた一段と深まりました。
みなさん、体、冷えていませんか?


リフレクソロジーの施術をするときも、足が冷たかったり血色が悪い方が結構いらっしゃいます。
でも、施術をするとお客様から
「足がポカポカする」
というありがたいお言葉を頂戴します。

体の冷えは内臓機能の低下や免疫力の低下にもつながります。
まだまだ寒くなっていきます。

なので今日は、「足の冷え」についてお話したいと思います♪


リフレクソロジーをすることで、なぜ足が温まるのか?


それは、「血流が良くなるから」というシンプルな理由です。
そして足の血流を良くするために、足の筋肉を動かす必要があるのです。

足は「第二の心臓」と言われ、心臓から送り出された血液が再び心臓に戻るための折り返し地点です。
足の血液は重力に逆らって心臓へ血液を送りますが、
そのときポンプの役割をし下から上に血液を送るのが「筋肉」になります!!

ですが、忙しい現代人は「座りっぱなし」「立ちっぱなし」という同じ姿勢を取り続けることが多く、
普段運動をする時間が取れない、
エスカレーター、エレベーターを日常的に使う、
などなど、筋肉を使うことが少なく、結果筋肉が凝り固まって血管を圧迫し血流が悪くなり冷えたり、老廃物が滞ってしまい「冷え」や「むくみ」や「だるさ」に繋がってくるのです。

足が冷えるときしてほしくないこと

それは靴下の重ね履きです。
もちろん、フローリングなどで「底冷えする」という場合は靴下は履いてもらって構いません。
ただ、靴下を重ねて履くことは、「足を温める」ということではない、ということは知っていてほしいと思います。

先ほどから申し上げているように、足が冷えているのは血流が悪いから。
血流を良くするためには凝り固まった筋肉を動かしほぐさなければいけません!
靴下の重ねばきは筋肉の可動域を狭めてしまい、結果的に足を温める役割はしてくれないのです。

足が冷える時にしてほしいこと

◎足の指をグーパーなどして動かす
◎足首を回す
◎ふくらはぎを揉む

などなど、
足の筋肉を動かしポンプ機能を高めるようにしてみてください。
座りながらでもできるのでデスクワークの方もやりやすいと思います♪


もちろんそれにリフレクソロジーをプラスすることでより血流促進、老廃物の滞りの解消もできますよー♪

リフレクソロジーのご予約はこちらから♪
reserva.be

リフレクソロジーをしながら、「おむつなし育児」「布おむつ育児」「整理収納」のお話なんかもしています♪

実際に「おうちのお片づけをしたい」という方は、整理収納モニターさんの募集もしていますのでこちらをご覧くださいね。
kimu-0912.hatenablog.com


足の冷えを解消し、これから来る冬を快適に過ごしましょう!
本日もお読みいただきありがとうございました!

大切な友人の結婚式へ。

こんにちは!

「ひなたぼっこの椅子」主宰のばさきまりこです。

本日もご訪問いただきありがとうございます。

 

 

土曜日は友人の結婚式に参列するため八芳園に行ってまいりました♪

 

初めて神前式に参列し、厳かな雰囲気に圧倒されつつ(笑)

本当に、本当に、本当に素敵な温かい式で…

私は新郎側の参列者でしたが、新郎がお嫁さんのこと大好きなのが伝わってきて、

「幸せにしてやれよ!」

って思いました(笑)

結婚式ってやっぱりいいね♪

f:id:kimu_0912:20171030091843j:plain

かすみ草は「baby’s breath」という英名があるのだそうです。

赤ちゃんの吐息、だけでなく「愛おしい人の吐息」という訳もするのだとか。

そんなお互い「愛おしい」と思い合っている二人を見て、とても幸せな時間を過ごすことができました。

 

テーブルのお花だけでなく花嫁さんのブーケもかすみ草で、とてもかわいらしかったです♪

 

この友人、学生時代にNPO団体のフィリピンでのボランティアに参加したときに出逢った仲間。

そのため一緒に行った友人とも久々の再会となり思い出話に華が咲きました。

みんなそれぞれのフィールドで頑張っていて私もとても良い刺激をもらいました。

 

自宅サロンを始めて、なかなかうまくいかないことも多い。

でも「みんなも頑張って、頑張ってるから輝いてる!」って思います。

私も輝くために頑張ろう♪

 

 

お子様連れOK!お友達来ていただいても構いません♪

30分3000円リフレクソロジー(足裏マッサージ)

ご予約はこちらから♪

reserva.be

 

おうちのお片づけのご相談、実際のお片づけ作業を承っています♪

おうちのお片づけでお悩みのある方、現在モニター価格にてモニターさん募集中!

kimu-0912.hatenablog.com

 

 

本日もお読みいただきましてありがとうございました!

 

 

 

ランキングに参加しています♪

よろしければぽちっと応援お願いします♪

にほんブログ村 主婦日記ブログ 自営業の主婦へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしい暮らしへ
にほんブログ村